電球・照明の活用ガイド照明活用テクニック部屋別照明テクニック>リビングルーム

リビングルーム / 部屋別照明テクニック

スポンサードリンク

リビングルームにおける照明プラン

リビングルームでは、バランスの取れた照明設計が重要になります。リビングは多目的に利用される場所ですので、こうした場所では、様々な用途に対応できるだけの照明が必要になります。
リビングでは、多くの家族が集まる場所であり、多くのことが行われる場所でもあります。そのため、汎用性を持たせた設計が重要になるでしょう。

ポイント:主照明+補助照明で調節できるように

間接照明をメインにしたい場合でも、主照明は必ず設けましょう。作業時などに使えるようにある程度大き目のシーリングライトなんかがオススメです。間接照明だけでは、明るさが足りなくなることがあります。
ただし、間接照明(補助照明)を利用する場合には明るすぎる主照明は避けましょう。状況によって調整が可能となることがリビング照明のポイントです。

例えば、何らかの作業をする場合には十分な明るさが必要になり、映画をみたり、ゆっくりとくつろぎたいときにはできるだけ照明を暗くできると落ち着きます。

このように、主照明+補助照明によって明るさを明るめ~暗めまで調節できるようにします。

ポイント:補助照明はダウンライトで

リビングの補助照明としてオススメしたいのはダウンライトです。主照明(シーリングライト)とダウンライトの使い分けをするだけでも明るさのコントロールが可能になります。
ただし、ダウンライトの場合設置にあたり工事が必要になることが多いので、工事ができない場合などはスタンドライト、フロアライトなどで代用すると良いでしょう。

 

スポンサードリンク